印鑑ケースでの管理

イメージ画像

印鑑は知っての通り非常に重要な物です。実印や銀行印などそれぞれ登録している印鑑は特に、頻繁に失くしてしまった、壊してしまったということになれば、管理責任が問われ、信用問題に係ってくる可能性も大いにあり得ます。

印鑑を使わないときはケースに入れてどこにしまったかわからない。という事がないようにしっかり管理、保管しましょう。

私は以前、印鑑を財布にそのまま入れていて壊れてしまったことがあります。すぐに取り出せるし、常に持ち歩く財布に入れておけば安心だと思っていたのですが、後々新しい印鑑を購入し、改印してもらう手続きが面倒だったので、とても後悔しました。やはり印鑑は専用ケースに入れてひび割れや欠けから守るのが理想的だと思います。

印鑑は、安い物ではありません。特に実印にする印鑑はわざわざオーダーし作ってもらう方や、社会人になったお祝いに戴いたものを使っている方も多いと思います。そんなに頻繁に使うものではありませんが、日頃から管理はしっかりと行い、いざ必要な時には万全の状態で使えるようにしたいものです。

今では、私も専用の印鑑ケースを購入し、実印用、銀行印用、認印用と分けて保管するようになりました。そうすることでわかりやすくなり、しっかりと管理しようという意識が以前より高まったように感じます。

さらに、自分のお気に入りの印鑑ケースに、自分で書体、印材を決めこだわって作った印鑑を入れる。そうすることで、より一層長く使って行こう。一生使いたいと思うようになり
ました。自分が大切に使いたいと思うような印鑑を購入したり、ケースを購入するのもしかっり管理できる1つの方法ではないかと思います。

このページの先頭へ