印鑑の管理は大切です

イメージ画像

印鑑は自分自身を証明するものです。捺印した時点でその内容を確認し認めました。と言う重要な意味を持ちます。

実印や銀行印は、大切な物と認識している人が多いと思いますが、それに比べ認印に使う印鑑は安い物にすることが多く、それほど重要なもの、大切なものというイメージが弱いように感じてしまうのは私だけでしょうか?

売る方にも問題があるとは思いますが、認印のみでも買い物や契約が出来ると聞いたことがあります。そう考えると、認印とは言え、ずさんな管理をすることは大変恐ろしいことです。例え安い認印であっても失くしたり盗まれたりすることがないように管理をしっかりしなくてはなりません。自分の管理が悪く紛失した場合は、自分に管理責任が問われることも十分にあり得ます。

印鑑は種類を問わず大変重要なものであり、日頃からしっかりと管理していきたいものです。
先日インターネットで印鑑ケースを見たのですが、今は可愛い物やおしゃれな印鑑ケースが沢山販売されています。私は、印鑑を種類別にケースに入れて保管するようにしています。自分のお気に入りのケースに入れることで大切にしようと思う気持ちが以前より大きくなり、様々なデザインのケースに入れることでどの印鑑が入っているのか、わかりやすくなりました。

自分なりに工夫することで以前よりきちんとした管理が出来るようになったと思います。
これからも認印だから、安い印鑑だから

このページの先頭へ