印鑑印材、象牙

イメージ画像

象牙の印鑑を持っているという人は、それほど多くは無いかもしれません。もし持っていたとしても、実印や銀行印にこだわりを持ち、ある程度のお金をかけた人だけに限られるでしょう。それほど象牙の印鑑というものは希少価値があり、高級なものなのです。

象牙というものは、印鑑の印材で言うところの、いわゆる王様です。他にも印材として使われる素材はたくさんありますが、象牙だけは別格なのです。

一応金などを使ったような印鑑もあるようですが、価格が現実的ではなく一般の人の持ち物としては普及していません。もっていたとしても、ごく一部の人だけに限られるでしょう。

象牙が高価な理由としては、天然の希少価値のある素材であるということがいえます。現在日本国内では、象牙を扱うことに届出が必要となりますから、象牙をあつかうお店ではこれが必要不可欠になります。

これを必要としないような象牙製品もあるのですが、それらは本来の象牙とは違い、人間の手によって作られた偽物なのです。そのため、希少価値も無ければ、象牙のような高価なものではないのです。これらの象牙の見分け方は、プロなら当然わかりますが、素人でも見慣れていれば判断は可能です。インターネットなどでは見分け方を解説したホームページなどもありますから、参照してみるといいでしょう。

自分が象牙と呼ばれる印鑑を持っていて、それが本物かどうかを確かめたい、という場合にも
この見分け方は重要なポイントとなるはずです。

このページの先頭へ