印鑑購入時のチェック

イメージ画像

印鑑の基本的な種類は、認印・銀行印・実印の3種類です。
ですが実際は、印鑑の大きさや用途によって厳格な決まりがあるわけではないそうです。例えば、認印の印鑑を実印として使用することも可能です。認印、銀行印、実印を1本の印鑑で統一するのは防犯上とても危険です。

特に実印は、個人が使用する印鑑の中で最も重要な印鑑の為、自分で見つけたハンコ屋さんで自分だけの納得する印鑑を作って貰った方が絶対にいいですよ。実印を作る場合は、自分自身を証明する重要なものですから、作成にあたり慎重に検討を重ねた方がいいです。

印鑑の値段が安い店舗もたくさんありますが、もしも購入するときは、印材などがきちんとしているのか注意した方がいいですね。 日本印章業組合等の印章組合に加盟しているか、特定商取引法や印材の産地の表示をきちんとしているのか、メールのやり取りだけではなく電話応対など、対面販売にも対応ができているか、しっかり確認したほうが安全です。

銀行印を複製された場合、自分の口座の残高がゼロになってしまった…ということにもなりかねないので気をつけて下さいね。実印は、印鑑が出来上がったら最終的に買う側がちゃんとチェックしないといけませんよね。自分の印鑑もちゃんとわからないようでは、持っている意味がありませんから。

印鑑の保管場所などは、本当にきちんとしないといけませんが、あまり用心し過ぎて印鑑を紛失したという事にならないように気をつけて下さい。
実印を紛失したら、役所に行って紛失届を出せば安心ですよ。

このページの先頭へ